幼児期の肥満が大人になっても治らないのは本当

幼児期の肥満は本当に注意が必要です。何故なら、幼児期に増えた脂肪細胞は一度増えてしまうと減らないからです。つまり、幼児期に太っている子は一生太ったままだということです。プクプクプニプニした体形は乳児期までで、ハイハイをするようになったり、歩くようになるにつれて、引き締まった体形になっていくのが理想です。幼児の肥満の原因のほとんどが家庭にあると言われています。つまり、予防ができるのです。我が子が太っていることが気になったら、小児科や、年齢ごとの節目検診で医師に相談してみると良いでしょう。身長と体重から肥満度を割り出すことができます。また、子供の身長と体重がわかれば、母子手帳のグラフを使って確認することができます。値が成長曲線から離れている場合は注意が必要です。深刻な肥満は医師の指導が必要ですが、それ以外の場合は、家庭で生活習慣を見直すことで本当に改善されます。幼児期の肥満は、食べた量に対して運動量が少ないと起こります。幼児期も成長期なので、大人のような減食で体重を減らすことは好ましくありません。成長期に大切な栄養素を減らすわけにはいかないからです。食事で気を付けることは、なるべく手作りを心掛けることです。幼児期はおやつも必要です。スナック菓子など、高カロリーなものばかりに頼らず、できるだけ安全な手作りのものを食べさせることです。手作りと言っても、糖分や塩分が濃い目の味付けでは意味がないので注意が必要です。食べる量や時間を一定にすることでも、生活のリズムが整い、肥満解消になります。あとは運動です。気候が良く、天気の良い日はなるべく外で思いっきり遊ばせてあげるよう心掛けることが大切です。幼児に付いて外を動き回ることは大人にとって本当に大変なことですが、そうすることによって、子供の体形が引き締まります。